会社概要
COMPANY
社名
有限会社 シンクメイトリサーチ
代表者
代表取締役 村山皓
本社所在地
〒520-0246
滋賀県大津市仰木の里4丁目13番5-202
TEL. 077-574-7078
FAX. 077-574-7078
E-mail. office@thinkmate-research.co.jp
資本金
300万円
設立
2002年
組織
社員 数名、取締役 4名(内非常勤2名)、特別顧問(大学関係者)多数

(会社の概略)シンクメイトリサーチは、その前身の大学研究者シンクタンであるシンクメイトスクエアを1999年4月に村山皓が始め、その活動を基盤に大学や行政機関からの委託の営利業務を独立させるために2002年2月に有限会社シンクメイトリサーチが設立された。活動の基本方針は、1. 大学関係者との連携を重視し、研究開発の商品化を目指し、2. 地域での情報発信とネットワーク整備による多様な情報の蓄積と活用のためのサービスの提供を目指し、3. 地域における公私関係のフィードバックシステムの開発を目指してきた。代表的な受託業務として、京都府八幡市の事務事業評価システムの構築、滋賀県の琵琶湖博物館の評価、独立行政法人科学技術振興機構の日本科学未来館の評価などがある。また、国際OVOP(一村一品)政策学会(International OVOP Policy Association)の活動と世界での関連情報の共有を担ってきた。

 

現在の本社機能を担う滋賀県仰木の里オフィス

 

現在の滋賀県大津京リモートオフィス

 

2002年会社設立当時の本社オフィス、京都府KYOTO IDE  フロンティア21 ベンチャーパーク

(代表取締役の略歴)村山皓、ムラヤマ ヒロシ、1946年京都市生まれ、 滋賀県在住
京都大学法学部卒業、米国サンフランシスコ州立大学政治学研究科修了(政治学修士)、博士(神戸大学、政治学)。現在、立命館大学名誉教授。専門は、公共政策、政治文化論、政治学。立命館大学政策科学部・政策科学研究科での担当科目は「政治意識論」「災害と安全」「政策文化論」などだった。立命館大学公務研究科での担当科目は「公共システム論」、「政策評価論」などだった。主要著書、『政策システムの公共性と政策文化』有斐閣、2009年(日本公共政策学会著作賞)。『日本の民主政の文化的特徴』晃洋書房、2003年。Hiroshi Murayama (ed.) Significance of the Regional One-Product Policy: How to use the OVOP/OTOP movements, Thammasat Printing House, Thailand, 2012. (This book is translated in Spanish by JICA)、その他の著書、論文など多数。最近の関心を示す学術論文、「行政の民主主義と民主主義の進展」『政策科学』29巻1号、2021年。’The necessity of administration democracy measured by the index of inherent democratic sizes: The usefulness of the index to suggest how to implement a public policy such as a flood policy under government mergers’, Journal of Policy Science, Vol.14, 2021。

学内職歴、1999年4月立命館大学地域情報研究センター長(2001年3月まで)、2003年4月政策科学部長(理事)・研究科長(2004年3月まで)、2004年4月国際機構長補佐(2007年3月まで)、2004年4月立命館大学UBCプログラム教務主任(UBC客員教授、2006年4月まで、さらに2007年3月までブリティッシュ・コロンビア州招聘教授として滞在)、2007年4月大学協議会委員(2009年3月まで)、2009年4月政策科学研究科長(2010年3月まで)。

所属学会、1981年4月日本政治学会員、1982年4月日本選挙学会員(現在退会)、1984年4月日本行動計量学会員(現在退会)、1986年4月日本異文化コミュニケーション学会員(現在退会)、1996年4月日本公共政策学会員、2004年4月日本行政学会会員(現在退会)2006年12月国際OVOP(一村一品)政策学会員(2006年から現在まで会長)